トラック 査定

トラックの査定前に準備しておくこと

トラックの査定前に準備しておくことは、基本的には普通車と同じですが、以下のポイントを覚えておくと良いでしょう。

 

査定前に必要書類を揃える

トラックを売る時はもちろんのこと、査定をする際にも車検証は必ず用意しておきましょう。
型式や上物の種類によっても査定金額が大きく変わってくるためです。また、整備記録などもあれば用意しておきましょう。

 

査定前に内装を掃除する

普通車と比べると、キズやヘコミなど外装や内装の状態が査定額に影響することはほとんどありません。
しかし、仕事で使ってるとはいえ、車の中がゴミ箱状態ですと、査定士の印象が下がりますので、簡単な清掃ぐらいはしておきましょう。

 

なるべく晴れている日に査定してもらう

トラックは法人で使用されている事が多いため、複数台の査定を依頼することもあると思います。
複数のトラックを査定するのには時間がかかるため、なるべく査定士が査定しやすい環境を設定してあげましょう。

 

複数の買取店に査定してもらう

商用車の買取はお店によって買取価格が大きく違うのが特徴です。国内に販路があるお店、海外輸出がメインのお店など様々。
基本的に買取相場が存在しないのが普通車との違いです。一括査定などを使って複数の買取店に見積もりしましょう。

 

 

トラックは車の状態と言うより、型式や上物で買取価格がほぼ決まるので、基本的には普通車よりも短時間で査定は終わると思います。

 

ですので、車の状態をアピールすると言うよりは、国内の販売状況や輸出が出来そうか等、情報収集しながら査定してもらうと良いでしょう。複数の業者から集めた情報は他社との交渉する際に、とても役に立つと思います。